こんにちは〜☀️
代表の「けーさん」です!😊
   
      
えっ、なぜ「けーさん」になったのかって?!
      
 
実はですね。
やめたんですよ。
     
   
「先生」
  
    
って呼ばれるの。
    
     
 
1月終わりから「ひまわりピアノ教室」では「先生」→「さん」づけで呼ぶことになりました
 
  

    
さて、開始当日。
  

「じゃ〜ん❗️今日から先生じゃなく『すずきさん』『けーさん』って呼んでね❗️」
 
   
     
そのとき、反応は大きく2つに分かれました。
 
 
ひとつは推進派。もうひとつは慎重派。
    
「けーさん?ハハハ!おもしい!!」(金沢弁では面白いを「おもしい」と言います)
「すーさんでもいい?」
「ねえねえ、じーさん」

    
うるせえ、じーさんじゃねえやい!(おっと、江戸弁になっちまった 笑)
      
      
これが推進派。
  
  
     
「は、はい・・分かりました先生、いやけ、け、けーさ・・・(語尾消滅)💦」
「どうしても呼べないんで、先生って呼んでもいいですか?でも3回に1回は、けーさんって呼びます」
 

   
以上が慎重派。
      

   
もちろん、呼び方は強要するわけじゃありませんから、呼びづらいなんていう場合は「先生」でもOKです!
 
     
    
でも、初めは慎重派だった子も、気がついたら「すーさん」「けーさん」「みーちゃん」に。
あ、みーちゃん、いらないか(笑)
 
       
ちなみに、保護者の方にも、さん付けで呼んでいただいています。
もちろん無理せず「先生」でもOKですが、みなさん「さん付け」で呼んでくださいます。
 
 
 
さて、こうすると、どんな風に変わるでしょうか?!
   
   
まだ日にちが浅いのですが、明らかに、教室内の風通しが良くなりました
雰囲気が、まるで違います。
  
     
こちらがわざわざ楽しくしようとしなくても、楽しい雰囲気になります💕
  
      
      
「さん付け」にした理由は、教えるのに「威厳」は要らないということ。
先生というのは、横にいるだけですでに怖〜い存在。なんだか、自分が監視されてる気分になるんです。 
      
そんな威厳を取っ払ってしまった方が、明らかに学びが楽しくなります。
   
       
そもそも尊敬っていうのは、自然に、相手からしてくださるもの
こちらが「先生と呼びなさい!」って、強要するものじゃありませんね。
 
 
 
ちなみにメロディー教室の大蔵香織先生は「わかママ」って呼ばれています。
これ「わかなちゃんのママ」っていう意味なんですが…

     
もしかしたら、「若いママ」ってことかな?!😁✨
         
        
       
ってなわけで、僕のことはけーさんって呼んでね〜〜❗️✌️
 
     
        
おっと、それ、けーさんのメガネだぞ!!🤓(笑)