おはようございます☀️
代表の鈴木 敬です。

先週末から金沢は大雪!
なんと、60センチ近く積もりました⛄️
 

本当にヤバっ!って感じですよね😲
 
   

でもそんな中でもいらしてくださる生徒さん。
 
「1時間前に家を出ました」
「渋滞中に先生からもらった模範演奏CD聴きました」
「着いたら雪かき、手伝います!」
  
などと口々におっしゃいます。本当にありがたいと思います。
もちろんご無理はなさらずにとお伝えしてありますが、いらしてくださるお気持ちが嬉しいですね。
    
 
そんな「ひまわり」ですが、なぜ「ひまわり」という名前になったのでしょうか?
ここで毎月出している「ひまわりだより」から、名前の由来をご紹介したいと思います。
   

(ここから)
 
教室ができたばかりの時、ピアノ教室にはまだ名前がありませんでした。
そんなある日、小学校二年生の男の子が体験レッスンに来ました。
  
その子はとても上手な子でしたがコンクールでミスしたことがトラウマになり、ピアノを弾くことができません。
レッスンをしていた私(鈴木)は男の子にお絵かきを勧めました。そして男の子が嬉々として描いた絵を音楽にしてあげます。
  
すると男の子は「その曲を弾きたい」と言い、それがきっかけで再びピアノを弾くようになりました。
「楽しいレッスンで、子供の無限の力を解放したい」そう思った私は、無限に伸びるひまわりをイメージして「ひまわりピアノ教室」と名付けました。
  
これが「学びの庭ひまわり」の名前の由来です。
2018年、ますますたくさんの「ひまわり」を育てて行きたいと思います。
 
(ここまで)

 
今年もますます躍進します!どうぞよろしくお願い申し上げます。