こんにちは☀️代表の鈴木です。
  
 
本日ついに、ピアノ教室・英語教室生徒会
 
 
 
「ひまわりっ子クラブ」🌻
 
 
 
が誕生しました!!✨
 
    

 
当教室のポリシーは 
 
 
「自分からやる子を育てる」
 
 
です。
これからの時代に最も必要な「自発性」を育てることを、何にも増して大切にしています。
 
  
 
となれば、ただ積極的にレッスンを受けるだけではなくて、
教室の運営自体を生徒さん達に任せてみてはどうか?ということになりました。 
 
 
そこで、生徒さんが行事を企画したり、イベントの司会進行をしたり、「今月の目標」を決めたり、教室の規則を決めたりするために「生徒会」を発足。
今日がその第一回目の打ち合わせでした!
 
 
まず会長、副会長、書記・・・などの役職を決めたのですが、早速「はーい!」「はーい!」と手が挙がり、アッサリと決まってしまいました(笑)
そこから会長(小4のH君)が議長になり会が進みましたが、すごいですね。

生徒さんで自然と話し合いながら、スムーズにドンドン進んでいくんです。
これじゃほとんど、先生出番ナシ。っていうか、要らない感じです(笑)
   
    
また、ほとんどが初対面の生徒さんでしたが、お互いに積極的にコミュニケーションを取り、すぐに仲良くなリます。
   

   
    
 
僕はかつて20年以上教員生活をしていましたが、いや〜、こんな光景、見たことありません@0@;
   
「あれ?こんなんだったっけな??」
    
と、首を傾げてしまいました(笑)
  
          
      
子どもは、こんな風に自治活動ができ、自分たちだけで「生態系」をつくることができるんですよ。でも、なかなかそうならないのは、
 
 
「大人が手を出しすぎ」
 
 
なこと。そして、
 
 
「普段から押し付けすぎ、抑え付けすぎ」
 
 
だからなんです。
 
 

     

ちなみに今日決まったのは、

○役職
○7月の目標(「一生懸命ピアノを弾く!」に決定)
「夏休み自由研究!みんなで作曲しちゃおう!」の内容(プログラム)
○同イベントの、司会進行やTA=ティーチングアシスタント(生徒さんが、先生の補助として楽譜の書き方などを教える)などのスタッフ役割分担
 
などです。
 
 
今後は教室のルールづくりや将来のビジョンなど、経営にも関わってもらおうと考えます。
そうすれば、「起業家マインド」の育成にもなるでしょう。
 
 
 
これからの時代を前に、私たちはこの「自主的教育」路線をドンドン進めていきます!
 
 

「ひまわりっ子クラブ」関係のブログ記事

 
「子どもが主役!」の教室づくり
   
生徒さん、即却下!先生の超つまんない発想(涙)