こんにちは☀️代表の鈴木 敬です。
 
 
最近、
 

「ピアノをやっているけど、何だか息苦しい」
 
「好きで始めたピアノが、いつのまにか嫌いになった」
 
「親に叱られるから、仕方なくピアノを弾いている」
 
 
こういう声を、とても多く聞くようになりました。
   

 
なぜ、こうなってしまうのでしょうか?
こうなる理由は、たったひとつしかありません。
 
   
「教えすぎ」「直しすぎ」「信じなさすぎ」
   
 
です。
  
「教えたら教えた分、成長する」と先生は信じています。しかし、決してそうはなりません。
いやむしろ、教えれば教えるほど、子どもの直感力や創造力は退化します。
    

なぜなら、ほとんどの場合「教える」ということ、イコール「先生の世界に合わせさせる」ことだからです。
子どもは、自分の世界を広げることができません

  
       
 
たとえば子どもが描いた絵を、大人が直したらどうでしょうか?
子どもは悲しみます。そして、絵が嫌いになります。
 
  
   
こういうことを、ピアノレッスンでは平気でやってしまっているのです。
その結果、 

 
「感じる」

 
ことのできない、心にフタをした子どもが増えてしまいました。
 
  
こういう心のフタを外すことはできるのでしょうか?

断言します。
 

   
できます‼️✨
   
  
 
今、ひまわり🌻では、夏休みを利用して、
 
 
「子どもの心のフタを開ける」
 
 
プロジェクトが進行中です。
ひとつは先日の「夏休み自由研究!みんなで作曲しちゃおう!」
 
 
もうひとつは・・・ 

 

「夏休み特別企画🌻絵と音楽で、お子様を元気にします❣️」

            
    

私・鈴木がお子様の絵から音楽を作曲し、LINE動画でお送りします。
先週末募集したところ、素晴らしい絵がゾクゾク送られてきました🖼✨
 

 

 
 
 
さて、ここで絵から生まれた音楽の動画と、寄せられたご感想をご紹介いたしましょう。
 
 

小2Mちゃんの絵から生まれた音楽


 
お母さまからいただいたご感想:
素敵な曲を送って下さり、ありがとうございます❣️✨
 
娘の目が輝いております✨✨すごーい‼️
という言葉しか出て来ないようです😊
急流すべりの様子、ワクワク感、楽しい感じがすごく伝わりました。音楽ってスゴイです‼︎感動しました‼︎
ありがとうございました❣️
 
今、娘にとってのピアノは少し苦しい感じです。先生のブログを拝見していると、生徒さんは自由で生き生きしています。「これでいいのかな…」と悩みます。
ですが、先生の曲を聴いて、元気になりました。
ほんとうにありがとうございました🍀

 
嬉しいご感想をありがとうございます❣️✨

 
他の方の絵と音楽は、こちらのページからご覧になれます(激励メッセージ付きです!)。
 
 
この夏、ひまわり🌻の企画に接して、ひとりでも多くの子どもが元気になってくれれば嬉しいです‼️💪
 
 

 
さて、ひまわりの元気な子どもたちの様子を最後に・・・♪
   

昨日の生徒会「ひまわりっ子クラブ🌻」の様子。
 

 

活発な意見がドンドン出て、たくさんの議案があっという間に決まりました。
先生がまったく口を挟まないのに、自分たちだけでうまく意見調整し、結論を出していく様はお見事‼️
 
年齢も住む場所もバラバラな子どもたちが、まるでひとつの家族のようにまとまっています。
 
    
  
そして・・・
   
     
なんと、先生(僕)はついに、生徒さんに「ダメ出し」されてしまいました💦
   
     
その様子は→こちらのブログでどうぞ💦
 
    

 
生徒さんは自分でグングン育っていきます。まるでひまわりのように🌻
それはひまわりの保護者様、インストラクターさん、そして経営者が生徒さんを
 
 
「信じている」
 
 
からです。
 
     
今後ともご支援のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。