こんにちは😁ひまわりメロディー教室の大蔵です🌻
 
         
こども達も春休みになりましたね🌸
この春何か新しいこと挑戦してみたい!という方にぴったりなイベントが、各地で行われているようです🌷
    
      
外国人観光客で賑わう「金沢21世紀美術館」さんでも、この春からたくさんのイベントが開催されます🖼


   
    
そんな金沢21世紀美術館さんで、ひまわり教室も
 

「クラシック音楽美術館」✨
 

を開催させていただきます😁
    

世の中には、音楽も絵画も少し敷居が高いものに感じている方がたくさんいらっしゃると思います,
実際、私自身もそうなんです😅
   
音楽は専門にやってますが、作曲なんて大作曲家、絵画も有名な画家さんのもの!と決めつけておりました💦
  
「大作曲家は仙人みたいなもの。しょせん、私たちとは違うの・・・」
 
そんな風にさえ、思っていました😵
        
   
でも…調べてみると、バッハやベートーヴェン、ショパンも誰かに気持ちを伝えたい!という思いで曲をつくったんですね。

たとえば、ベートーヴェンの「エリーゼのために」は愛する女性へのラブレター💌。
つまり彼らは私たちと、ぜんぜん変わらないんです。
    
     
その中でも、絵画から生まれた音楽がたくさんあることに気づきました。そこで、
   
「毎月クラシック音楽に触れながら、誰かのために感謝の気持ちを表現できるのでは」
  
との思いから「クラシック音楽美術館」を思いつきました😁
    
 
「クラシック音楽美術館」は、名曲を聴きながら絵を描き、オリジナルの絵葉書をつくります。

    
娘にもお友達に音楽絵葉書書いてみよ〜と渡したら、すぐサラサラ〜と書いてくれました💐
後ろではヴィヴァルディの春が流れております♬
 

 
    
明るい赤のチューリップと桜を描き、メッセージにメロディーつけ「またあ、そ、ぼ〜」と歌ってくれたので、すぐ譜面に書き完成✨
こんな風に、メッセージを短い歌にして、5線に書きます(スタッフがサポートします❗️)
              
      
誰かに気持ちを伝えたいとき、その気持ちを絵にしたらもっと伝わる。
さらに、メロディーにすればもっともっと伝わる♬
   
大作曲家、ベートーヴェンの「運命」も、みなさん耳覚えのあるフレーズは、ジャジャジャジャーン!あそこだけだと思います(笑)
そのくらいのワンフレーズなら私にもできちゃうかも❓ですよね🤗
     
        
毎月少しのメロディーを鼻唄やピアノで1音ずつ作っているうちに、1年で1曲できるのではないでしょうか?
   
もちろん譜面や曲作りは、スタッフが全力でサポートいたします😁💪ちなみに、絵は素人ですが(笑)😅
   
              
みなさん楽しみながら、ご自由〜に、音楽絵葉書作ってみませんか?🤗✨
  
★お問い合わせ、お申し込みは→こちらのページからどうぞ😊