金沢市、野々市市で一番、子どもの個性を伸ばすピアノ教室、英語教室です🌻

「ひまわりピアノ教室」ののいち教室

  • HOME »
  • 「ひまわりピアノ教室」ののいち教室

叱られないで、笑顔でピアノを習いたい人。
自分らしく輝きたい人、全員集合!!

 

ののいち教室1周年記念、秋のスペシャルキャンペーン実施中!
体験を受けられた方に、もれなくピアノグッズをプレゼント🎹✨
期間=2018年11月末日まで

2017年9月、「笑顔」をテーマにしたピアノ教室「ひまわりピアノ教室 ののいち教室」が誕生しました。
そして今年、おかげさまで1周年を迎えることができました!
 
連日、教室にはたくさんのお子さま、お母さまの笑顔があふれています。 
これもみなさまの応援のおかげと、心から感謝いたします。
 
「金沢押野教室」と同じく、ピアノをどこよりも楽しく学べ、お子さまが笑顔になれる場所を目指しています。
また、お母さまが笑顔になれるコミュニティー、イベントも企画しています。
 
夢は、地域を学びと音楽のあふれる庭にすること!
  
ご興味のある方は、ぜひ一度レッスンをご体験ください!
ののいち教室ピアノ・インストラクター  山田 千亜希

   

「ママ、帰りたくない。」という教室を目指して

「ママ、帰りたくない。ず〜っと、ここにいたい」
 
もし、こんな教室があったらどれだけ素敵でしょうか?
でも、多くの教室はこれとは逆です。
 
「もっと練習しなさい!」
「間違えちゃダメでしょ!」
 
などなど、先生の怒鳴り声が聞こえてきます。
これでは、
 
(こんなところから、早く帰りたいなあ〜)
 
と思ってしまうでしょう。
実は、現代社会では、
 
「自分の居場所がほしい」
「競争しないで、楽しく学べるところに行きたい」
  
多くの子供たちからはこんな「心の叫び」が聴こえてくるのです。
   
  
もし、お子様が楽しく学べて笑顔になる場所ができ、自分らしく輝けたら・・・
こんなに素晴らしいことはありませんよね。
   
      
私たち「学びの庭ひまわり」スタッフは、そのような場所をつくることができないかを、日夜考えてきました。
   
そして、このたび「ひまわりピアノ教室・ののいち教室」が誕生しました!
  
★体験レッスンにて「うわ〜、ピアノって、おおきいな」

 
   

「普通のレッスン」を超えたエンターテインメント

ここは今までのピアノ教室とは違い、ただピアノを教えるだけの場所ではありません。
人が笑顔に変わるテーマパークを、目指しています。
   
上手になるためでなく「好きになる」ためのピアノレッスン。
創造性を高めるための「作曲」のレッスン。
そして、やめられない、止まらない「音感ゲーム」など、30分があっという間のレッスンです!
 
★どれみボウリング!

  
★「音符のけん玉、つくったよ!」 

★ハロウィーン・パーティー!(獅子吼高原)

 
 

お母さんは『ひとり』ではありません

またお子さまだけでなく、お母さまも笑顔になってほしいとの願いから、お母さま同士が交流できるコミュニティーをつくり、コンサートなどのイベントを定期的に開催します。同じ世代のお子様をお持ちのお母さまたちとつながってください!
  

  

レッスンのポリシー=「やりたい気持ち」がすべて!!

人から言われて無理やりやらされる「イヤイヤ練習」。
 
自分からピアノのフタを開けて弾き出す「わくわく練習」。
 
さて、どちらがピアノが上手になるでしょうか?
 
「学びの庭ひまわり」では、自分から練習する子、学ぶ子を育てるため研究に研究を重ね、子供が楽しめるオリジナル教材をたくさんつくってきました。
それらをすべて「無料」で進呈いたします。
 
★ピアノ導入教材「ハッピーピアノレッスンレベルA,B」作曲やお絵かきもできる総合的な教材です。

 
★英語とピアノ、一緒に学べる「オングリッシュ」

 

「〇〇ちゃんだけの楽譜」をつくります!

教本を進めていくと、難しい曲が出てきます。
子供がピアノを辞めたくなる理由No.1が「曲が難しくなったとき」。
 
でも、ご安心ください。当教室では一人一人に合ったアレンジ(手書き楽譜)で、曲を弾きやすくします。
まさに「オーダーメイド」のレッスンです。
 
お子さまが、長くピアノが続けられるような工夫を行なっていきます。
    
★代表・鈴木が小1の生徒さんのために編曲した「運命」の楽譜

   

LINEで見守り♪「レッスンほっとLINE」

ご自宅での練習、どうもヤル気が出ない・・・
そんな時は「LINE」で動画を送ってください。
 
先生が音声でコメントを返します(100%ほめます!)。
生徒さんからは「モチベーションが上がる!」と好評です。
 
★実際の画面です

  

レッスン風景

「きらきらぼし」を弾いているうち世界に入りこみ、いつのまにか即興演奏になっちゃったAちゃん♪
自由な発想がいいですね!
 

 

レッスン内容とお月謝

1.マンツーマンレッスン

先生と、一対一でレッスンする、面倒見の良いコースです。
 
<こんな方に向いています>
・お子さまの個性を伸ばしたい方
・ピアノを深く学んでみたい方
・大人の方
 
<時間>
①30分コース ②60分コース(ともに原則として月4回)の二種類です。
 
<料金(お月謝)>
※オリジナル教材費込み
①30分コース=10,000円/月4回
②60分コース=20,000円/月4回
 
<教材>
・初心者の方=オリジナル導入教本から始めます。上達してきた時点で、市販の教材を使います。
・経験者の方=まず現在の教本をお使いいただき、進度を見ながら順次決めていきます。
※市販の教材につきましては、別途ご購入いただきます(詳しくは、お尋ねください)。
 

 

2.グループレッスン

2-4名の少人数グループレッスンです。仲間と協力しながら音楽を創っていきます!
 
<こんな方に向いています>
・お子さまに、社会性を身につけさせたい方
・絵画、工作など創作をたくさんさせたい方
・小さいお子さま
 
<時間>
45分
 
<料金(お月謝)>
※オリジナル教材費込み
おひとり=8,000円/月4回

 
<教材>
・初心者の方=オリジナル導入教本から始めます。上達してきた時点で、市販の教材を使います。
・工作などを行います。
※市販の教材、工作の材料費等につきましては、別途ご購入いただきます(詳しくは、お尋ねください)。
 
<グループレッスンのカリキュラム>
・ピアノの独奏、連弾
・アンサンブル
・作曲、工作などのグループワーク
 

 
<グループレッスン時間割>
 

 

体験レッスン

レッスン内容をお気軽にご体験いただけます。
 
<レッスン時間>
20分
 
<料金>
2000円

インストラクターご紹介

山田 千亜希(やまだ・ちあき)

野々市市生まれ。 武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科 卒業。 卒業後は(財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部にて、イタリアオペラを中心に学ぶ。 その後、一時音楽から遠ざかるものの、2014年「ひまわりピアノ教室」と出会い、音楽を再開。 趣味はイタリアの食、暮らしを知ること、パン屋さん巡り、コーヒー、旅行。
 
メッセージ:本当に好きなこと、興味のあることは時間も忘れるくらい熱中できます。
「もっと知りたい!」「もっとできるようになりたい!」と自分から学び始めます。

それは何よりも楽しい時間。いちばん成長できる瞬間です。
そして、それは誰かに言われてできることではありません。「ちゃんと勉強(練習)しなさい!」と言われて、喜んでする人なんているでしょうか。誰だって反発したくなるし、もしかしたら好きだったはずなのに、そこから逃げ出したくなるかもしれません。

当ピアノ教室では「もっと音楽のことを知りたい」「もっとピアノを弾きたい」と自分から思える楽しいピアノレッスンをしていきます。
自然とピアノが弾きたくなるように持っていきます。

楽しい時間は人を笑顔にしてくれます。

生徒さん、保護者さんと向き合い、一人ひとりを大切に、それぞれのペースに合わせたレッスンをしていきます。そこからたくさんの笑顔が生まれてくれたら嬉しいです。

皆さんの笑顔に出逢えるのを楽しみにしています。

代表よりひとこと:

千亜希先生は、バツグンの行動力の持ち主!思いついたら即実行するチャレンジャーです。スポーツから語学まで万能の彼女ですが、とても謙虚で素直。また明るく笑顔を絶やさないので、小さいお子さまの人気者になるでしょう。野々市の皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。 鈴木 敬

 

アクセス


〒921-8825
石川県野々市市三納2丁目42番地
お電話:076-248-0859 / 090-8967-5508(ののいち教室代表 山田携帯)
メール:chiaki.y.17911@gmail.com

 
 

「ひまわりピアノ教室」
保護者さま、生徒さんの声

中谷 和ちゃん(小1)/史さん(お母様)

14 11 12中谷さん親子(小)

黒くて大きなグランドピアノがTV画面に映し出された瞬間、
娘の目は釘付けになりました。
そして
「いつか自分もカッコよくピアノを弾いてみたい!」
という夢を持ち始めました。

私は嬉しくなり、そんな娘を近所のピアノの先生のところへ通わせました。
とても優しい先生だったので、喜んで通っていました。

しかし・・・
まったく練習しません。

私は上達しない腹立たしさ、「なんのために月謝を払っているのか」というむなしさがバクハツし、
「習ってるのに上手くならないなんて、月謝がモッタイナイから辞めちゃいなさい!」
と娘をひどく叱りつけてしまいました。

それからです。娘が「ピアノ恐怖症」になったのは。
あれだけ大好きだった「黒くて大きなグランドピアノ」を、まったく見たくないといいます。

もしこのまま、ずっとこのまま娘がピアノを怖がってしまうようなら・・・
その責任は私にある・・・
私は罪悪感と自己嫌悪でいっぱいになりました。

そんなとき、HPで「ひまわりピアノ教室」を知りました。
鈴木先生に出会えたのは、私にとってみればまるで奇跡。
でも、何かに導かれて出会うべくして出会った。
そんな気もしました。

最初のレッスンのとき、怖くて教室に入るのをためらっている娘に先生は、

「ピアノ、怖いんだね。
だったら後ろ向きに入って、後ろ向きに座ろう。
ピアノなんか、見なくていいよ。」

と言ってくださいました。

そして、代わりに一枚の画用紙を渡してくださいました。
その画用紙に、思いのまま自由に絵を描く娘。

数分後、その絵が、音楽になりました。
「黒くて大きなグランドピアノ」の音色で・・・。

そのあとの娘の一言を、私は今でも忘れません。

「来週も、ここへ来たい」

娘はいま、心からピアノを楽しんでいます。
私はそんな娘の心の音色を、たくさんたくさん聴きたいと願っています。

M・Hさん(小4)

14 10 29MHさん

こちらの教室の最も素晴らしい点は、どんな事柄も肯定的に受けとめてくださる先生のお人柄です。
習い始めた頃、我が子はレッスン中もじっとしていませんでしたが、
先生はその日を様子を見ながら様々なことを体験させてくださるのです。

先生のピアノ生演奏を聴きながらイメージを描くお絵かき、リズム練習、歌、作曲、ピアノの構造の観察・・・
その時その時の子どもの興味関心に合わせ、臨機応変に対応してくださり、
音楽への関心を高めてくださいます。

また2台のグランドピアノが並んでいる教室環境も素晴らしいです。
家庭的でアットホームな雰囲気は、子どもの心を和ませてくれるようです。

またレッスンに付き添う私の楽しみは、先生の生演奏。
クラシックの難曲から70年代のアニメソングまで、そのレパートリーは圧巻です。

先生のもとには本格的にピアノに関わる生徒さんが多い中、
我が子は時間をかけてやっと一曲弾けるようになります。
でも先日、先生より「上手くなってきたのだから、もう少し練習を増やしてごらん」とのお言葉があり
以後、練習時間が増えてきました。

弾きたい曲を、いずれ自分ひとりでも弾けるようになって、
よりピアノを楽しんでほしいと思います。

A・Mくん(年中)

14 11 12村井さん親子

年少(4歳半)から習い始めました。
教室を探し始め、この子にはグループレッスンがいいのか個人レッスンがいいのか、迷っているときに
こちらの教室のホームページを見つけました。

さっそく見学させていただくと、教室の雰囲気は本当におだやかで、先生は気さくで、
子どもにも分かりやすく話される方でした。
片道30分かかりますが、こちらで習わせたいと思いました。

教室には二台のグランドピアノがあります。先生作曲の「ドのプレリュード」「レのマーチ」・・・という一本の指で弾ける連弾曲集
(「シ」まであります)から始まります。
子どもは毎回高さを変えたり、指を変えたり、リズムを変えたり、先生の素晴らしい演奏に便乗して
自由に生き生きと連弾を楽しんでいます。

教本の曲も、子どもがある程度弾けるようになると先生はすぐに伴奏をつけて、的確に声をかけながら進めます。
伴奏によって、子どものたどたどしいピアノの世界がパッと広がります。

習い始めてしばらくのころ、少し難しく感じたのかピアノを嫌がったこともありましたが、
そのときも子どもの様子に合わせて対応してくださり、すぐに喜んで通うようになりました。
このようにその時々の子どもの調子に合わせて柔軟にレッスン内容を調整してくれます。
楽しく盛り上げながら、とても分かりやすく教えてくださいます。

生演奏付きの絵本読み聞かせには、親子で引き込まれます。
そのような先生だからこそ実現できる、とても豊かで広がりのあるレッスンだと思います。

好奇心と向上心を持って、ピアノを楽しく長く続けてくれたらいいな、と思っています。

網 栞那ちゃん(小2)/紀子さん(お母様)

14 11 10網さん親子連弾(小)

ひまわりピアノ教室に出会う前まで通っていた音楽教室では、
お家で自分からピアノを弾くことがほとんどありませんでした。
音楽教室に行くことも楽しそうではなく、どちらかというと行かされている感じでした。

そんな娘の姿を見ていた私自身も、通うことにストレスを感じていたある日。
縁あってひまわりピアノ教室のことを知り、
鈴木先生の「子どもの心に火を点ける!」という言葉に心惹かれました。
そして、それまで通っていた音楽教室をすぐにやめ、
ひまわりピアノ教室に通うことになりました。

レッスンがとても楽しいようで、風邪を引いてお休みしなければならないときなど
本当に悔しそうです。
そして9か月経った今、自分からピアノに向かい、
先生に書いてもらった指番号を見ながら自分で練習している姿に
驚きと感動で胸がいっぱいになりました。

鈴木先生には「子どもの心に火を点ける!」という言葉がぴったりですね!
これからもどうぞ娘ともどもよろしくお願いいたします。

坪井 かのんちゃん(小2)/アンちゃん(年長)/明子さん(お母様)

14 10 21坪井さん親子(小)
ピアノを習わせたいというより「ひとつの自己表現として何かできたらいいな」と思い、
子どもふたりのレッスンをお願いしています。
レッスン中は子どもたちの興味のあるもの、やりたいこと、表現したいことに
すぐ対応していただき、子どもたちも楽しそうです。

たとえばリコーダーを吹こうが、クルクル回って遊んでいようが、レベルの高い曲を弾きたいと言おうが、
先生はすぐに反応して子どもの成長につなげてくれます。

音楽や音のハーモニー、リズムを通して、また先生との時間を通して
彼女たちが自分らしく、楽しく、自己表現できるようこれからも見守りたいです。

他のピアノ教室はよく知りませんが、この教室は楽しく、
知らないうちにどんどん上達しているように思います。

M・Nちゃん(年長)

14 09 24賞状授与(小)

いつも楽しくレッスンに通っています。
先生はやさしく丁寧に教えてくださり、楽しみながら上達していくので
この教室に通って本当に良かったと思います。

そして時々、先生がピアノを生演奏してくださるのですが、
あまりの素晴らしさに心を奪われてしまいます。

また一緒について来ている年下の息子がしばしば「乱入」することがあるのですが、
先生はそんな息子をも巻き込んで、楽しいレッスンに変えてくださいます。

ピアノを習いに来ているのですが、同時にみんなで音楽を楽しみに来ている、
そんな感じがします。

まだまだこれからの娘ですが、将来の夢は「ピアノの先生になること」。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

山本 将大くん(小1)圭悟くん(年中)/お母様

14 11 18山本さん親子
ふたりの息子には「きれいな音を聴かせたい。音楽を身近なものに感じてほしい」という願いから
「ひまわりピアノ教室」に通い始めました。

教室に通い一番感動したことは
子どもの無心で集中する顔を見られたことです。

今までほとんど書かなかった絵や文字や塗り絵を、
先生の曲を聴きながら楽しそうに書きはじめたり、
うまく出来なくても一生懸命努力する姿など、
毎回、驚きと感動の連続です!

2月に行われた発表会では初めての一人舞台にこちらが緊張しましたが、
物おじせず堂々と素晴らしいピアノを弾く子どもの姿に涙が出ました。

ピアノが大好き、という子どもの姿を見て、先生のご指導に感謝しています。
今後もピアノが大好き、という思いを忘れず、ピアノを通じてたくさんのことを学び、
大きく成長して行ってほしいと思います。

Sさん兄妹

①Q:いつからピアノを始めましたか?
A:年中の5月、4歳7ヶ月からです。

②Q:入室のきっかけは?
A:小学2年の10月まで別の教室で熱心な先生に個人レッスンを受けており、
ずいぶん高度な曲も弾けるようになり、楽典も低学年の理解できるものではないくらい難しいものを精一杯頑張っておりました。
が、背伸びをしている状態がつづき、このままではピアノ自体を嫌いになりかねないと限界を感じていた頃、
鈴木先生の「ひまわりピアノ教室」を知りました。
子供の心を大切にしてくれるピアノ教室。心から楽しいと思いながら練習できたら、
子供にとってどんなに幸せなことだろうと思い、移ることを決心いたしました。

③Q:通ってみて、ご感想は?
A:とてもリラックスした雰囲気のレッスンなのにグングン上達するのが不思議です。
また、先生が何でもほめてくださるので、最近はピアノのみならず、絵まで上手になりました。
レッスンの途中、先生が突然即興で作詞作曲した曲を弾きだすことがあり、
そのレッスンの帰りの車の中で親子でその曲を歌いながら帰ることもあります。
とても楽しいピアノ教室です。

④Q:将来の夢は?
A:お兄ちゃんの夢=「何かの分野で金メダルをとりたい」
妹さんの夢=「自分の子供と一緒にピアノを弾きたい」
(お母さま 談)

伊藤 令子さん(お母様)、梨奈ちゃん(小4)


今年 金沢市民芸術村で、知り合いの方にピュアメロディーに誘っていただき、
参加させていただきました。

絵を曲にしてもらって 親子でとても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
そのとき「鈴木先生にピアノを教えていただけないかなあ?」と思い、
すぐひまわりピアノ教室に通い始めました。

2012年9月から習い始めましたが、 毎日「練習しなさい」と言わなくても
自分で納得行くまで練習して 毎日指の動きがかなり変わりました。
ピアノの音も変わって来て、自信が出てきたようです。

2013年2月には初めての発表会で、この歳にしては難しい、
ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」を弾くことができました。

先生に褒めてもらえる事が嬉しく、
毎週片道40分かけて通う車の中も、
親子共々楽しみにしながら通っています。

これからも宜しくお願いします。

吉田 雅恵先生(ピアニスト、吉田ピアノスタディオ主宰)

吉田先生

「ピュアメロディー」の代表をされている鈴木敬先生に
2003年11月に師事して丸11年が経ちました。

先生のお陰で私のピアノ人生はとても楽しいものになりました。

先生は音楽の専門家としてだけでなく人間として大変尊敬できる方です。

これまでいろいろな相談にのっていただいたり悩みを聞いていただいたり
心のカセを外していただいたり…
いつも私の力になって下さり私にはなくてはならない先生です。

そして、いつもレッスンが終わると
「あ~、楽しかった。早く家に帰って練習がしたい!」
と思うレッスンをして下さるのです。

私の力量で精一杯の大曲をレッスンしていただいたときも、

「いいですね。この曲への共感がすごく伝わってきます。やはり本人がとても好きな曲に取り組むって大切なことですね。」

と言ってくださいました。

また、先生のお宅に伺うと玄関で奥様がいけられたお花が出迎えてくれます。

わぁ、可愛い!と頬も心も力みが取れてレッスンを受けられるので、
きっと奥様がそれもわかって飾って下さるのだろうなあと思います。
奥様とお花さんに感謝です。

亀のような歩みですがどこまでもどこまでも上り続けていきたいと思っています。

私の望みは90歳になってもピアノを弾いてレッスンを受けていること。
鈴木敬先生、おばあちゃんになってもよろしくお願い申し上げます!

越智 蘭夢さん(お母様)、Yくん(5歳)


ふたりの息子と、鈴木先生のピアノのレッスンを受けにいきました。

いままでのピアノレッスンのイメージを覆すスケールと
引き出しの大きなレッスンで、こどもたちはもちろん、
わたしも鈴木先生ワールドにすっかりひきこまれてしまいました。

最後ににショパンの幻想即興曲を熱演してくださいました。
こども達はあまりのすごさにぽかーんとしていましたが、
2人とも途中から踊り始めました。

思い思いに社交ダンスみたいな踊りを踊るこども達は
とても楽しそうでした。

これからもよろしくお願いいたします。

Mちゃん(3歳)

Q.いつからピアノをやっていますか?
A.(お母様)はい、2歳10か月からです。

Q.入室のきっかけは?
A.家が近いということと、先生の奥様とお友だちという理由からです。

Q.通ってみての感想は?
A.まだまだ小さいので、7歳のお兄ちゃんについてきてもらっています

最初はお兄ちゃんのマネをするだけだったのですが、最近では自分で「ピアノを弾く!」といって
真っ先にピアノの前に座ります。優しく楽しく教えてくださっているおかげです。

Q.将来の夢は?
A.まずはドレスを着て、発表会で弾くことです。

______________ありがとうございました!

立田 順子さん(お母様)、Kくん(4歳)

昨日、4歳の息子が体験レッスンを受けました。
幕張でのお仕事の後、船橋まで来て下さった敬さん。

息子は、レッスンの前から「音楽にしてもらうんだ」と絵を描いていました。
(普段は誘ってもあまり描きません。)

今まで見た中で一番、カラフルでのびのびと描きました。
その時点で何かがある~と思いました。

レッスンは、息子の好きなものを聞いたりしながら自然な形で進み、
リズムを身体で感じることや、ピアノと親しむことを、息子は楽しんでいました。

体験レッスンが終了し、お帰りになる時に、
なんと息子が戻してしまい、敬さんのお洋服も汚れてしまいましたが、
息子の体調を案じてくださり、爽やかな笑顔で立ち去られました。

敬さん、ありがとうございました。

その後息子は、大好きな機関車ごっこをするときも、
ピアノの前に座り、自由に弾くようになりました。

自転車も「乗らない」水泳も「別にいい」と
自分でやりたいことがはっきりしている息子です。

このピアノのレッスンは「また行きたい」と言っています。
息子の成長を見ながら、自分の仕事などのヒントもいただいちゃおう、と思う母でした。

桐畑さん(小1、年長さん)


私の祖父の「孫にはぜひ、音楽をさせなさい!」のひと言。
このひと言がキッカケで息子(4歳と3歳)を3ヶ月前から
鈴木先生のところに通わせ始めました。

最初はピアノなど、とても似つかわしくないようなわんぱく息子たちにハラハラドキドキ・・!
でも鈴木先生が「トルコ行進曲」と「小犬のワルツ」を息子たちに聴かせた瞬間を、
今でも忘れることができません。

音楽初心者の私にとっては、ほとんど狂気とも感じられる異常な美意識。
高度に到達した技術。
もともと兼ね備えられた才能に努力が融合すると、こんな奇跡が起きるのか・・・

私はレッスンであることを忘れ、涙を流してしまいました。
息子たちも大はしゃぎ!

その日から、息子たちの態度が変わりました。
暇さえあればピアノに向かうようになり、集中力が増し、
信じられないくらいヤル気みなぎるピアノ少年へと大変身!!
ピアノを習うということは理屈ではなく、全身で感じることなのですね。
音楽は意味が深く、人生に与える影響は想像できないほどのものであると、
生まれて初めて教えていただきました。

そして先生のピアノを聴いたときの体の底から湧き上がる興奮は、中毒になりそうです(笑)
親子ともども、先生の音楽観、そして世界観に触れられることを心から感謝いたします。
そして、音楽を勧めてくれた祖父にも心から感謝です。

これからは微力ながら、鈴木先生から教えていただいた音楽の魅力を
周りの人々に伝えて行けたら、と願って止みません。

越坂 武仁くん、敦子さん

以前通っていたピアノ教室では教室に行くたびにイヤそうな、
ふさぎこんだ表情になっていました。

このままだとピアノも音楽も同時にキライになりそうだなあ・・・
とうすうす感じていました。

しかし、敬先生の教室に行き出してからというもの、
「ピアノが楽しくなってきた!」
と話すようになり、今ではイチバン好きな習い事に変わりました!

教室へ行って少し弾き方のアドバイスを受けるたびに音色が変わるのは、
まさに「スズキ・マジック」と家族で感心しています!

これからもよろしくお願いいたします。

(敦子さんより)

希生ちゃん(小4)、お母様

先生のところでは今、ピアノのレッスンだけではなく、
歌やソルフェージュ、譜読みなど
総合的に「音楽」を教えていただいています。

先生自作の曲はもちろんのこと、
娘がつくった曲を先生が楽譜にしてくださったものまで
レッスンに採りあげてくださいます。

母と娘で連弾したり・・・替え歌で大笑いしたり・・・(笑)

娘はすっかりリラックスして
元気いっぱいに歌ったり踊ったり、大はしゃぎです!

先生、いつもお騒がせしていますが、
これからもどうぞよろしくお願いします。

(お母様より)

前澤歌穂さん(金沢市在住

私は東京芸術大学受験のために聴音・ソルフェージュを鈴木先生に習いました。
先生のソルフェージュは、とても特別でした。

私は1年浪人しているので、聴音などの問題集をやり尽くしてしまい、
どうしたらいいのか…悩んでいました。
そんな時に、なんと先生がすぐにその場で作曲をして問題を作ってくださったのです。

難易度がさまざまな問題、受験する学校の特徴を掴んだ問題、
私が不得意な問題・・・・などその場で作曲をして問題を作ってくださいました。

先生が作曲してくださった問題は、
受験学校に対応していてとても濃密なレッスン時間を過ごすことができました。

また、伴奏付きの新曲視唱曲まで作曲して頂きました。
おかげでソルフェージュと楽典に関して自信をもって受験することができたのです。

そして、大学にも合格することができました。
鈴木先生には本当に感謝しています。

大学では、素晴らしい環境で、たくさんの美しいものを聴き、
自分の歌を追求していきたいと思います。

ong>
 

体験レッスンお申し込み、お問い合わせ

お電話:090-8967-5508(ののいち教室 山田)
または、
お電話:076-247-1733(代表:鈴木敬)
または、
当ホームページ「お問い合わせ」(ページ下部にあります)よりお気軽にどうぞ。
 
 

みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。
 
 

いつでもお気軽にお電話ください TEL 076-247-1733 9時~18時

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 学びの庭ひまわりホームページ All Rights Reserved.